本研究は、サービス業全体について生産性計測方法の抜本的改革と、これに基づく新しいサービス産業の経済学を構築することをめざしています。サービス産業の生産性計測と生産性向上策に関する世界の研究と経済政策に、大きく寄与することが期待されます。

お知らせ

[2020/06/05]

宮川努・滝澤美帆・宮川大介「日本の IT 投資は生産性向上に寄与しているのか? ~ 「 生産性向上につながる I T と人材に関する調査」から見えてくるもの ~」生産性レポート Vol.14、公益財団法人 日本生産性本部 生産性研究センター、2020年6月 を公表しました。

https://www.jpc-net.jp/research/assets/pdf/ea1bc530ef6ca087549ff12befcd09c6.pdf

[2020/05/22]

Fukao, Kyoji, and Cristiano Perugini “The Long‐Run Dynamics of the Labor Share in Japan,” Review of Income and Wealth, (forthcoming). (First published: 20 May 2020, https://doi.org/10.1111/roiw.12465)  が刊行されました。

[2020/04/30]

深尾京司・牧野達治・攝津斉彦「日本における人的資本と経済成長─1885-2015年」『経済研究』第71巻第2号、pp.175-204、2020年4月. が刊行されました。

-> すべてのお知らせ