成果

下記のコンテンツを無断で転載することを禁じます。転載される場合は、事前に出版社にご連絡ください。

本プロジェクトによる研究成果の一般社会への還元(応用)事例、被引用事例ほか

<[対談]深尾京司×森川正之「日本の生産性を高めるには」>

・『経済セミナー』日本評論社 2017年8・9月号(通巻697号)に、[対談]深尾京司 × 森川正之「日本の生産性を高めるには」が掲載されました。

https://www.ier.hit-u.ac.jp/Japanese/697_fukao_morikawa.pdf

 

<JIPデータベース>

・2017年度『通商白書』、内閣府2017年『年次経済報告』、2017年『労働白書』等に引用。

・日本を代表する生産性データベースとして、EU KLEMSプロジェクトに採用。

・本データベースにより、2000年第半ば以降の日本の生産性停滞の主因が資本蓄積の低迷にあることを突き止めた。内閣府特命担当大臣(経済財政政策)主宰の研究会『選択する未来2.0』の中間整理資料(2020年7月)に引用。

 

<中小企業の生産性動学の分析>

・中小企業庁と連携し、信用保証協会のミクロデータ(CRD) を利用したサービス産業を中心とする中小企業の生産性動学について分析した。その結果の多くは、中小企業庁2017年度『中小企業白書』に引用。

 

<日本の政府統計ミクロデータを利用した分析>

・OECDにおける雇用と生産性のダイナミクスの国際比較分析プロジェクトDynEmp/MultiProdに参加し分析を進めた。日本は新規開業率が低く、若い企業の割合が海外と比較して著しく低いという分析結果を得た。この結果は、OECDの国際比較レポート等に反映された。

 

<高齢者の就業率引き上げの可能性に関する推計結果>

・「国民生活基礎調査」を用いた高齢者の就業率引き上げの可能性の推計を行い、その結果は、首相官邸で開催された「第20回未来投資会議」(2018年10月22日)で紹介された。

 

<サービスの質に関する日米比較調査の結果>

本調査結果は、世界銀行・OECDの国際比較プログラム(ICP)の幾つかの会合で報告され、ICPの弱点を克服する可能性を示したものとして多くの研究者の関心を集めた。

 

<そのほかの新聞記事や寄稿による紹介>

・新型コロナ感染症拡大下で関心が高まっているテレワークと生産性の関係に関する分析。

・サービスの質の違いを補正した場合の生産性の日米比較。

・日本における無形資産投資停滞。

 

新聞掲載

・森川正之「低い日本の労働生産性㊤米国との格差、複合的要因」
  日本経済新聞≪経済教室≫

 2019年3月 5日.

・川口大司「高齢者雇用の現状と課題㊥ 再雇用延長の是非議論を」
  日本経済新聞≪経済教室≫

 2018年10月 4日.

・小塩隆士「高齢者雇用の現状と課題㊤ 60歳代後半を「支える」側に」
  日本経済新聞≪経済教室≫

 2018年10月 3日.

・森川正之「生産性向上に何が必要か㊥サービス需要平準化カギ」
  日本経済新聞≪経済教室≫

 2017年8月23日.

・宮川努 「生産性向上に何が必要か㊤ 人材・IT投資一体で推進」
  日本経済新聞≪経済教室≫

 2017年8月22日.

・乾友彦 「存在感低下する成長戦略㊦ 労働市場の流動化が先決」
  日本経済新聞≪経済教室≫

 2017年6月26日.

・深尾京司「サービス産業の生産性㊤正確把握へ統計改革急げ」
  日本経済新聞≪経済教室≫

 2017年2月15日.

・宮川努 「特区 生産性向上に寄与」
  日本経済新聞≪経済教室≫

 2017年2月 9日.

・宮川努 「企業の無形資産活用肝要」
  日本経済新聞≪経済教室≫

 2016年9月21日.

VoxEU

経済学分野でヨーロッパを代表する研究連携組織CEPRの政策研究成果社会向け発信ページVoxEUにおける紹介コラムにて、森川正之氏の研究成果が紹介されています。

https://voxeu.org/article/japan-s-labour-shortage-beginning-erode-quality-services

(March 31, 2018)

https://voxeu.org/article/who-fears-losing-their-job-ai-and-robots-japanese-survey-data

(July 6, 2017)

https://voxeu.org/article/occupational-licensing-japanese-labour-market

(July 3, 2017)

https://voxeu.org/article/artificial-intelligence-and-employment

(June 7, 2016)

レポート

2018年 1月26日

深尾京司・池内健太・滝澤美帆「質を調整した日米サービス産業の労働生産性水準比較」公益財団法人日本生産性本部、https://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001528.html および、生産性レポートVol.6 https://www.jpc-net.jp/research/rd/report/pdf/sd6.pdf. が掲載されました。